--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-04-24

この社をしばらく軍勢で囲んでいると、龍造寺側はたまらず

この社をしばらく軍勢で囲んでいると、龍造寺側はたまらず、エース鍋島を送り込んできた。

こちらは、黒田軍単独で迎え撃つ。
小倉の防備も気になっていたため、軍団の他の部隊はあえてやや後方に残してきたのだ。


この戦、前田慶次が優勢に戦っていたところへ、焦った母里太兵衛が勝手に乱入し、勝手にピンチに陥るという珍事が起きたが――まあ、なんとか勝つことはできた。

順風満帆。
本当に、天下統一もこれは間近かな……?


98年、冬。

そんな官兵衛のもとへ、悲報が届いた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

人気商品

リンク
ピックアップ


人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ピックアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。